189

News

最新情報
  • 2021/10/16

    映画『189』オリジナル・サウンドトラック発売決定!
    さらに、灯敦生が歌う挿入歌『指先のミライ』のMUSIC VIDEOが公開!

    最新情報0画像

    同映画公開に先駆け、劇伴と同作の挿入歌「指先のミライ」を含む全20曲が収録された「映画『189』オリジナル・サウンドトラック」が、Purple One Starレーベルより12月1日(水)に発売されることが決定致しました。音楽監督を務めるのは、音楽プロデューサーの本間昭光氏。本間氏が映画作品の音楽制作を行うのは今作が初となります。音楽は、これまでにドラマやアニメなど本間昭光の音楽チームとして様々な作品を担当し、近年は単独作品として、ラジオドラマや情報番組のテーマ曲など数々の劇伴作品を手掛ける関向弥生氏が制作。映画の情景に寄り添って制作された楽曲が収録されています。挿入歌「指先のミライ」は、本作にも出演し、役者・脚本家としても活躍している灯敦生が作詞と歌唱を担当。優しく包み込むような繊細さと力強さが織り合わさった楽曲となっています。そして本日、映画公式YouTubeチャンネルにて監督に俳優・須賀健太を迎えたMUSIC VIDEOが公開。(https://youtu.be/qoKVQQbKUFk)。ぜひご覧ください!!

  • 2021/9/30

    中山優馬 鬼気迫る熱演"いちはやく" 予告編で解禁。
    児童虐待に真正面から挑んだ衝撃作『189』公開日決定!!

    最新情報1画像

    この度、映画『189(イチハチキュウ)』が12月3日(金)、グランドシネマサンシャイン 池袋、イオンシネマ他、全国公開(配給:イオンエンターテイメント)することが決定しました。
    現在、日本では多くの児童虐待が報告され、全国に児童相談所が設置されています。しかし、その報告件数に対し、現場を支える児童福祉司の人数は決して多くありません。年々増加する児童虐待から<いちはやく>子供を助けることができるよう設けられたのが、児童相談所虐待対応ダイヤル"189(いちはやく)"です。ダイアル"189"に助けを求める小さな命を救うために奔走する児童虐待対策班を通じて、社会問題を描くことで、問題解決の一途を担えればという願いから誕生したヒューマンドラマが本作です。主演に5年振り2度目となる映画主演に注目が集まる
    中山優馬。共演に夏菜、前川泰之、灯敦生、太田結乃、滝川広志(コロッケ)、寺西拓人、平泉成、吉沢悠の出演は、既報の通りですが、この度、公開日12月3日(金)とともに予告編・ポスターも解禁となります。

     解禁となる予告編では児童相談所虐待対応ダイヤル"189(いちはやく)"の解説から、不条理な暴力にさらされる子供たちの現状とともに「パパにたたかれたのはうそです」「ぜんぶじぶんでやりました。」「ごめんなさい。」と不穏なセリフが続きます。衝撃的な映像が続くなか、虐待を受けている少女・増田星羅(太田結乃)の泣き顔が映しだされ、彼女の心の痛みを代弁するかのように怒りを爆発させた児童福祉司・大河(中山優馬)の「子供に寄り添う心すらないやつが子供の命を預かるな!」と熱くまっすぐなセリフが飛び出し「どんなことがあっても必ず守るよ」と泣きそうになりながらも強い決意を秘め約束するセリフが切り取られました。主演・中山優馬の熱演とともに名匠・加門幾生監督の元にダイヤル"189"を広めたいと集まったキャスト陣の熱量が感じ取れる予告編となっています。
    またポスターには「"いちはやく"救い出すためにー」のコピーとともに、現実を突きつけられたかのような面持ちの主演・中山優馬が映し出され、小さな命へと手を差し伸べる希望を込めた内容となりました。
    実在事件から着想を得て、現実から目を背けずに映像化した本作を、ぜひ映画館でお確かめください。この機会に本件お取り上げ、ご検討いただけますと幸いです。

    また主題歌・挿入歌も解禁!
    主題歌は、声優としての活躍のみならず、TVアニメ「ラブライブ!サンシャイン !!」Aqours のメンバーとしても活動し、2018年には第69回 NHK 紅白歌合戦に出演、2021年9月29日に1st Single「ハネムーン」をリリースしたばかりの降幡愛が歌う「東から西へ」(Purple One Star)。優しい歌声と共に、予告編にて一部を解禁いたします。
    挿入歌は、増田典子役を演じる灯敦生「指先のミライ」。本作の為に書き下ろされた楽曲となり、近日、監督に俳優・須賀健太を迎えたミュージックビデオが公開予定となっております。
    素敵な楽曲が本作にどのような化学反応を起こすのか、乞うご期待ください。

  • 2021/7/19

    映画『189(イチハチキュウ)』追加キャスト解禁リリース

    最新情報2画像

    この度、映画『189(イチハチキュウ)』が2021年冬、イオンシネマ他、全国公開(配給:イオンエンターテイメント)します。
    現在、日本では多くの児童虐待が報告され、全国に児童相談所が設置されています。しかし、その報告件数に対し、現場を支える児童福祉司の人数は決して多くありません。年々増加する児童虐待から<いちはやく>子供を助けることができるよう設けられたのが、児童相談所虐待対応ダイヤル“189(いちはやく)”です。ダイアル“189”に助けを求める小さな命を救うために奔走する児童虐待対策班を通じて、社会問題を描くことで、問題解決の一途を担えればという願いから誕生したヒューマンドラマが本作です。主演に中山優馬(27)。共演に夏菜(31)の出演は、既報の通りですがこの度、本作を彩る実力派俳優の出演を解禁致します。
    娘に虐待をし、中山演じる坂本大河と敵対する星羅の父親・増田勝一役には、映画・ドラマ・舞台と幅広く活動し、主演から脇役まで数多くの役を演じ分ける実力派俳優・吉沢悠(42)。主演の中山とは、2021年1月~4月まで放送したWOWOWの連続ドラマW「トッカイ」に続いての共演となります。あどけない娘に手を上げる狂気の父親役の怪演をこうご期待ください。
    大河の上司で共に児童を守る、多摩南児童虐待対策課課長・安川信弘役には、多くのドラマ・映画と厚みのある役に定評がある実力派俳優で、プライベートでも3児の父でもある・前川泰之(47)。大河をサポートする心優しき児童虐待対策課の課長を熱演します。中山演じる大河の祖父・坂本清役には、昭和・平成・令和と3つの時代を第一線で活躍し続ける日本を代表する名バイプレイヤー・平泉成(77)。
    吉沢演じる勝一の妻であり自身も娘の虐待に加担してしまう増田典子役には、女優だけでなく脚本家としても活躍し、2021年7月期テレビ東京系ドラマ「お耳に合いましたら。」の脚本も担当している個性派女優・灯敦生(26)。
    今回の物語のキーパーソンで虐待を受け、児童相談所へ保護される勝一と典子の娘・増田星羅役には、映画「生きちゃった」 (2020)や映画「地獄の花園」(2021)等、数多くの作品に出演している期待の子役・太田結乃(8)。
    大河と詩音が、星羅の虐待の手がかりを探るために訪れる上越妙高児童相談所所長・青島守役には、「ゆずりは」に引き続き加門組の参加となり、モノマネタレント・コロッケとしても活躍中の瀧川広志(61)。そして、大河が訪問するアパートにてネグレクトの疑惑がある男・木村来夢役には、映画初出演にして、事務所の先輩・中山との初共演を飾る寺西拓人(26)。
    実在事件から着想を得て、現実から目を背けずに映像化した本作を、厳選された説得力のある実力派俳優陣によって、構築されます。名匠・加門幾生監督の元にダイヤル”189”を広めたいと集まったキャスト陣の熱量をぜひ映画館でお確かめください。

  • 2021/5/21

    映画「189」2021年冬公開!

    最新情報3画像

    この度、映画『189(イチハチキュー)』の2021年冬、イオンシネマ他、全国公開(配給:イオンエンターテインメント)が決定しました。
    現在、日本では多くの児童虐待が報告され、全国に児童相談所が設置されています。しかし、その報告件数に対し、現場を支える児童福祉司の人数は決して多くありません。
    年々増加する児童虐待から<いちはやく>子供を助けることができるよう設けられたのが、児童相談所虐待対応ダイヤル"189(いちはやく)"です。ダイアル"189"に助けを求める小さな命を救うために奔走する児童虐待対策班を通じて、社会問題を描くことで、問題解決の一途を担えればという願いから誕生したヒューマンドラマが、この冬公開となります。

    主演には、WOWOWドラマ『トッカイ』~不良債権特別回収部~(2021)、映画『ホーンテッド・キャンパス』(2016)、音楽劇『蜜蜂と遠雷』(2021)と映画・ドラマ・舞台とマルチに活躍し、鋭いまなざしと芯が通った演技で俳優としても注目されている中山優馬(27)。5年振り2度目の映画主演となる本作では、東京都の児童相談所で、虐待対策班に配属されたばかりの新米児童福祉司・坂本大河を演じます。初めて見聞きする児童福祉の現場に戸惑いながらも子供を案じる優しい青年で、仕事を通じて経験することになる苦悩や葛藤を等身大の演技で表現し、初の児童福祉司役に挑みました。

    中山演じる坂本大河とバディを組む弁護士・秋庭詩音役には夏菜(31)。連続テレビ小説『純と愛』(2013)や映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(2018)、『夏への扉』(2021)などに出演し、ふり幅のある演技力と、SNSでみせる飾らない素顔でバラエティ番組にも引っ張りだこ。今回は、児童虐待対策班の一員として、法律的知見から、中山演じる坂本大河をサポートし、共に虐待されている子供を守るため奮闘します。本作で初共演となる二人の真摯な演技の掛け合いにもご注目ください。

    実在事件から着想を得た本作はオリジナル脚本で映画化され、監督には、勝新太郎、北野武のもと助監督を務め、ドラマ『HERO』で演出した第8話で視聴率36.8%をたたき出し、麻生久美子・沢田研二主演映画『eiko』や映画『ゆずりは』で役者個々の魅力を繊細な表現を得意とする名匠・加門幾生が務めています。