189 logo189 logo

2021年冬公開

中山優馬夏菜

監督: 加門幾生
脚本: 長津晴子音楽: 本間昭光撮影: 瀬川 龍エグゼクティブプロデューサー: 吉野 浩
配給: イオンエンターテイメント制作プロダクション: ヴァンズピクチャーズ

映画「189」
2021年冬公開!

キャスト画像

この度、映画『189(イチハチキュー)』の2021年冬、イオンシネマ他、全国公開(配給:イオンエンターテインメント)が決定しました。
現在、日本では多くの児童虐待が報告され、全国に児童相談所が設置されています。しかし、その報告件数に対し、現場を支える児童福祉司の人数は決して多くありません。
年々増加する児童虐待から<いちはやく>子供を助けることができるよう設けられたのが、児童相談所虐待対応ダイヤル"189(いちはやく)"です。ダイアル"189"に助けを求める小さな命を救うために奔走する児童虐待対策班を通じて、社会問題を描くことで、問題解決の一途を担えればという願いから誕生したヒューマンドラマが、この冬公開となります。

主演には、WOWOWドラマ『トッカイ』~不良債権特別回収部~(2021)、映画『ホーンテッド・キャンパス』(2016)、音楽劇『蜜蜂と遠雷』(2021)と映画・ドラマ・舞台とマルチに活躍し、鋭いまなざしと芯が通った演技で俳優としても注目されている中山優馬(27)。5年振り2度目の映画主演となる本作では、東京都の児童相談所で、虐待対策班に配属されたばかりの新米児童福祉司・坂本大河を演じます。初めて見聞きする児童福祉の現場に戸惑いながらも子供を案じる優しい青年で、仕事を通じて経験することになる苦悩や葛藤を等身大の演技で表現し、初の児童福祉司役に挑みました。

中山演じる坂本大河とバディを組む弁護士・秋庭詩音役には夏菜(31)。連続テレビ小説『純と愛』(2013)や映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』(2018)、『夏への扉』(2021)などに出演し、ふり幅のある演技力と、SNSでみせる飾らない素顔でバラエティ番組にも引っ張りだこ。今回は、児童虐待対策班の一員として、法律的知見から、中山演じる坂本大河をサポートし、共に虐待されている子供を守るため奮闘します。本作で初共演となる二人の真摯な演技の掛け合いにもご注目ください。

実在事件から着想を得た本作はオリジナル脚本で映画化され、監督には、勝新太郎、北野武のもと助監督を務め、ドラマ『HERO』で演出した第8話で視聴率36.8%をたたき出し、麻生久美子・沢田研二主演映画『eiko』や映画『ゆずりは』で役者個々の魅力を繊細な表現を得意とする名匠・加門幾生が務めています。